ずるコラはフェイダウェイ


by kctiview

プロフィールを見る

リンク

カテゴリ

全体
スポーツ系
本シリーズ
ずるこら的吹奏楽
音楽系
ずるコラ穴場の旅
安藤美姫と
ずるコラ祭り
将棋
料理
徒然
未分類

以前の記事

2018年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 04月
more...

ずるこらむ218 膝枕

 来年はもっと書きます!(たぶん)
 『閃光 (FF13)』 : 今更PS3を衝動買いしました。

 「膝枕」という言葉があります。
 同じような言葉として「腕枕」という言葉があります。

 腕枕は分かるけど、膝枕って実際は膝じゃないよなぁ~
 よく考えると膝を枕とか痛そうやなぁ
 と、年末にどうでもいいことを考えてしまったのでしょうがありません。

 腕枕と同じ形にするならば、脚枕という言葉にすればいいのですが、
 文字なら良くても、音が足枕と一緒になってしまって足先が枕になるという意味に聞こえてしまいます。やっぱり脚より足の方がメジャーなので。

 腿枕ってのがより実情に近い言葉だと思います。
 でも「ももま」って部分が言いにくいですね。
 早口言葉に組み込まれそうな感じです。

 まぁ膝枕でいっか。

 今年はなんと15回の更新というひどいありさまでした。
 誰も見てなかろうと来年は50回を目指して行きたい所存です。
 まずはFF13をクリアしようと思います。ミドリ最高。

 よいお年を!(終)
[PR]
# by kctiview | 2011-12-31 00:45

ずるこらむ217 あらさぁ

 目が痛い
 『PEACH (大塚愛)』 : なんかあえてのPEACH

 最近パソコン買ったんですが、前のパソコンを買ったのが3年半前の夏。今の携帯を買ったのが3年半前の夏前。
 携帯の方がサイクルが長くなりました。これはひどい。
 ちなみに前のパソコンでこれは書いています。
 買ったのをきっかけにパソコンの大掃除でいらないソフトを大幅に削減(当社比70%カット)
 そういえば部屋の掃除も必要です。

 そういえばヤクルトがクライマックスで負けてしまいました。
 それにしても今年は全く野球を見ていなかったです。ノムさんが辞めていこう見なくなってる気もします。やっぱりノムさん(ヤクルト監督時代)から、見出したからでしょうか。
 青木がメジャーに行くそうですが、頑張って欲しい物です。

 さて、本題はたったの3行で書きましょう。

 いとしさも
 せつなさも
 心強さもない、いい肉の日

 にっぱちスタート。(終)
[PR]
# by kctiview | 2011-11-29 23:59

ずるこらむ216 ずるコラ穴場の旅~仁寺洞・楽園商街編~

 久しぶりに来てますね!ヤクルト!
 『君をのせて フルートアンサンブルらふぁえる』 : さくら~ひら~ひら~まい~おり~てお~りて~

 約一年ぶりのずるコラ穴場の旅、2回目にして海外に飛び出しました。
 場所はソウルの仁寺洞にある『楽園商街』をご紹介。
 簡単に言うと、楽器の市場です!

 仁寺洞と言えば日本人も多くいる有名な通りです。
 いまだに「ちょっと、ちょっとちょっと!」という、ざ・たっちのギャグが響き渡るその通りは日本人観光客がいっぱいで、日本語も通じ過ぎるので、全く魅力的ではありません。

 しかし、その近くに穴場スポットがあったのです!
 
 地下鉄、鍾路3街駅の5番出口を出ると仁寺洞の有名な通りの南側辺りにいけるのですが、そこに行く前に右手に大きい体育館みたいな謎の建物があります。
 実は3年前のソウル旅行でも、その建物は目に入っているはずなのですが、その時にはなにも気になりませんでした。
 なぜ今回その建物が気になったかというと、建物に「아기」という文字が書いてあるのが目に入ったからです!

 その二文字は訳すと「楽器」
 ハングルが読めるようになった今だからこそ気づいた穴場スポットなのです。

 入り口もよくわからず、適当に階段を昇って2階の入り口に。
 中に入るとそこには別世界が広がっていました。
 どこを見渡しても楽器、楽器、楽器。
 ギター、ベースはもちろんのこと、トランペット、サックス、クラリネットまで、所狭しとごちゃまぜにあるのです。そしてちゃんとフルートも並んでいました。

 まさに楽器市場で、市場のように店舗がいっぱい並んでいます。
 数が多くて、端から端まで歩くのに結構かかります。1度にこんなに多くの多種多様な楽器を日本で見れないんじゃないでしょうか。

 ただ残念ながら、フルート専門店は見あたりませんでした。
 飛行機の時間が迫っていたので、全部は見てないんですが、フルートは管楽器店の中においてありました。
 新品のようなピカピカのフルートから、年季の入ったように黒いフルートまであり、カオス過ぎて面白かったです。もし時間があれば、店の人ともうちょっとしゃべって、吹いてやろうかと思ったくらいでしたが、なんせ時間がなくてあきらめました。

 ほんと、もうちょっと早く発見したかった楽器市場。
 楽器やってる人なら行ってみたら面白いかもしれません。
 以上、いきなり海外に飛び出した第2回ずるコラ穴場の旅でした。
 なんせ時間がなかったので写真もありません。(終)
[PR]
# by kctiview | 2011-10-02 22:24 | ずるコラ穴場の旅

ずるコラム215 友達100人できるかな

 ワッキー「カツラをとってハゲてるっていうボケは日本でも絶対うける!」
 『和楽器による戦場のメリークリスマス』 : 楽器市場・・・なんか面白かった

 旅行(入国から出国まで)で話した人を数えるだけのコラム。
 目標100人(ただし特に積極的にはなしかけることもなく終わったけれど)
 覚えてる限りひねり出す!

001:入国審査官の人・・・まぁアイコンタクトしたし
002:両替のハナBANKのお姉さん
003:wi-fiルータを借りたカウンターのお兄さん
004:ソウルまでの直通列車の行き方を教えてくれたおじさん
005:切符を買うのを手伝ってくれた駅員さん
006:直通列車内で切符を確認しに来たお姉さん
007:コンビニの店員1
008:ホテルが一緒だった日本人のおばさん1
009:ホテルが一緒だった日本人のおばさん2
010:ホテルのスタッフのお兄さん1(いつもスマイル)
011:友人A
012:友人Aのfriend
013:南大門市場の海苔屋Aのおっちゃん
014:南大門市場の海苔屋Bのおにいさん・・・日本語うますぎ
015:汝矣ナル駅三番出口のチラシ配りのお姉さん・・・なんか誰かと間違えられた?
016:友人B
017:客引きのおじさん
018:コンビニの店員2
019:ホテルのスタッフのお兄さん2
020:バーガーキングの店員さん
021:宗廟の受付のおばさん
022:昌徳宮のチケット売場のおばさん
023:昌徳宮の入場口のおばさん
024:昌徳宮内のスタッフのおじさん
025:昌徳宮の後宮の受付のおばさん
026:友人C
027:デパートの店員さん
028:コンビニの店員3
029:ホテルの日本語のできるスタッフのおばさん(電話)
030:南大門市場のメガネ売場の店員のおじさん1
031:南大門市場のメガネ売場の店員のおじさん2
032:南大門市場のメガネ売場の店員のおじさん3
033:弘大の路上で琴を弾いていた日本人のお兄さん
034:弘大の路上で琴を弾いていたポーランド人のお姉さん
035:コンビニの店員4
036:広蔵市場のスンネピンデトックうのおばさん1
037:広蔵市場のスンネピンデトックうのおばさん2
039:コンビニの店員5
040:仁寺洞の雑貨屋の店員さん
041:仁寺洞裏の楽器市場の管楽器店のおじさん
042:仁寺洞裏の楽器市場のおばさん
043:コンビニの店員6
044:ソウル駅の直通列車のホームにいた駅員のお姉さん
045:wi-fiルータを返したときのカウンターのお姉さん
046:ハナBANKの両替のお姉さん
047:出国カウンターの案内のお姉さん1
048:出国カウンターの案内のお姉さん2
049:出国カウンターのおじさん
050:空港にいた韓国の人(韓国人に間違えられた?)
051:荷物検査の人1
052:荷物検査の人2

以上、ギリギリながら目標の50人をクリアしたということで。
次回、第二回ずるコラ穴場の旅予定。
여러분 감사합니다!
[PR]
# by kctiview | 2011-09-23 18:35

ずるコラム214 やまとなでしこ

 よーえーぶりぃしーん よーえーぶりーしーん
 『君と羊と青 (RADWIMPS)』 : 優勝おめでとう(予言ではなく決定事項)

 サッカーのずるさはその壮大なストーリーです。
 世界で一番いろいろな場所で行われているスポーツ。他のスポーツと比べて、純粋に一番面白いとは思いませんが(バスケが好きです)、世界のほぼどこでも行われている壮大さが魅力的なんです。
 日本もいろいろなスポーツで世界一を達成してきましたが、代表がW杯で優勝するというまだまだ遠い存在を目指す過程を見るのが楽しいのです。

 その過程もいろいろあって、Jリーグの発展を見たり、各ユース年代の活躍を見たり、各国リーグに飛び出して活躍する日本人を見たり。
 毎週毎週、ほぼ一年中なにかしら試合が行われ、それがどこかで日本のW杯優勝につながっていくんじゃないかと思います。
 この壮大さが面白いのです。

 早朝に行われるヨーロッパチャンピョンズリーグの決勝は眠くて途中で寝てしまっても、家長がスタメンでなく、途中出場もあるかわからない試合は起きてられます。
 日本が進んでいく過程と自分のサッカー目線は同じです。例えば、本田がいるからロシアリーグを面白く観戦し、日本人が勝ち進んでいくからチャンピョンズリーグのレベルの高いプレーを観戦し、長友やうっちーがいるからサイドバックに注目して試合を観戦しする。
 日本が成長していくことで、自分もいろんなサッカーを見るのです。

 他のスポーツでも同じことなんでしょうが、W杯優勝というのは全国の草サッカーから始まる小さな事の積み重ねの結果だと思います。サッカーはそのいろいろな積み重ねをより多く見ることが出来るスポーツなんです。

 なでしこジャパンはあまり見る機会がなかったですが、いろいろな小さな事の積み重ねの結果の決勝進出だと思います。
 さて!クイーンじゃなくキング澤 穂希をはじめとする、なでしこジャパンの優勝シーンを見守りましょう!
 そしてこの積み重ねは終わる訳じゃなく、今後も続いていくでしょう。(終)
[PR]
# by kctiview | 2011-07-18 01:39 | スポーツ系

最新記事なう

検索

タグ

その他のジャンル

ブログジャンル

つぶやき
スポーツ