ずるコラはフェイダウェイ


by kctiview

プロフィールを見る

リンク

カテゴリ

全体
スポーツ系
本シリーズ
ずるこら的吹奏楽
音楽系
ずるコラ穴場の旅
安藤美姫と
ずるコラ祭り
将棋
料理
徒然
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
more...

ずるコラム207 血液型

 チーズがたっぷりのせられたカルボナーラ
 『Change (MONKEY MAJIK+吉田兄弟)』:AFC Asian Cup 2011

 血液型占いは全く信じていない自分でも、血液型占いのパワーは一目置かざるを得ません。人をたった4パターンに分類する血液型が話題にすれば、勝手に場が盛り上がっていきます。(時と場合にもよりますが)
 その人が分類された性格・特徴にはまっている時に限らず、たとえ違っていても盛り上がってしまうのです。

 そもそも人間の作りはなかなか複雑のはず。
 血液型(一般には赤血球の表面抗原による分類法)以外にも多くの分類があるはずです。血液型一つとっても色々な分類があることは、知ってる人も多いのではないでしょうか。

 それなのに血液型だけが突出して注目される分類になったのか。それは多くの人が知っている且つ輸血・献血などで役に立つ情報だからだと思います。
 その重要な情報を持っていなれば、血液型占いもなかったことになるのでしょう。


 今年プロ野球にルーキーとして活躍が期待されている日本ハムの斎藤佑樹投手。甲子園で優勝投手となり、大学日本一にもなってプロの道に進んできたというのは凄い実績だと思います。

 「何かを持っているといわれ続けてきたが、きょう何を持っているかが分かった。それは仲間です。」

 と、かっこいいコメントを残していますが、彼が注目され始めたとき持っていたのは青いハンカチでした。
 残している成績・実力・礼儀正しさ・爽やかさなど、数々の要因はあると思いますが。それでもここまでの注目を集めるきっかけを作ったのはハンカチでしょう。

 ただ血液型と違い、持っていたのはハンカチだけではなかったので、その注目を持続できているのだと思います。
 ヤクルトに来ていたら、ずるコラムも期待しまくっていたでしょう。(終)
[PR]
by kctiview | 2011-03-27 21:55

最新記事なう

検索

タグ

その他のジャンル

ブログジャンル

つぶやき
スポーツ