ずるコラはフェイダウェイ


by kctiview

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リンク

カテゴリ

全体
スポーツ系
本シリーズ
ずるこら的吹奏楽
音楽系
ずるコラ穴場の旅
安藤美姫と
ずるコラ祭り
将棋
料理
徒然
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
more...

カテゴリ:将棋( 2 )

ずるコラム231 翼をさずける

ボールは友達は大空翼。
愛と幽鬼(なんやこの変換第一候補)だけが友達なのが暗犯男。

栄養ドリンクを飲んでも翼はさずけられませんが、
アメリカでは、信じれば慰謝料はもらえたりもするようです。

ちなみに栄養ドリンクを飲み過ぎると、太ることができるみたいです。
ほんとに頑張らないといけない時の一時しのぎとしてはいいですけど。

きりんの翼はどうぶつしょうぎの戦術。
きりんが1つ上に上がるだけでできる超お手軽戦術です。

どうぶつしょうぎは将棋普及の為に考えられた、3×4のマスを使った簡易的なボードゲームのこと。
このスマホの時代にお手軽にできるゲームとして、パズドラやモンスト級の面白さ(個人差あり)で人々を魅了しています。

将棋を出来るようになるのはなかなかハードルが高い中、簡単にしつつもちゃんと将棋の要素が入っているので、入り口としてはいいコンテンツだと思います。

さぁみんなで歌いましょう。
ライオンマーチ


右後ろと左後ろが埋まってしまった銀、またはゾウの気持ち。

[PR]
by kctiview | 2014-12-17 23:55 | 将棋

ずるコラム223 スポーツの春

ことよろ。

2010年アジア競技大会というスポーツの大会で、囲碁が採用されて話題に。
※ちなみに"わだい"の変換で和大が最初に出てきました。
ニュースで見ただけですが、囲碁がスポーツ?という違和感はありました。

そして将棋界の話。
現在、『第2回電王戦』が現役のプロ棋士5人 VS コンピュータソフト5つの団体戦で行われています。

2013年3月30日、第2回電王戦 第2局 佐藤慎一四段 vs ponanzaは、現役プロ棋士が初めてコンピュータソフトに負けるという歴史的一戦となりました。
ニコニコ生放送で中継されていたのですが、朝10時から夜20時くらいまでダラーっと見つづける(昼寝含む)という、だいぶ有効な土曜日の使い方をしたわけです。

序盤ponanzaがちょっと優勢、中盤に佐藤慎一ことサトシンが巻き返すものの、終盤に強いコンピュータに押し切られるという戦い。
これがメチャクチャ熱い戦いなんです!
今年はすでにWBCという野球の世界大会がありましたが、一番盛り上がった台湾戦よりを上回る今年一番熱い戦いでした。

終始どっちに転ぶかわからない展開、初めてプロ棋士が負けるかもしれないという緊迫感、サトシンの気持ちが伝わってくる一指一指、コンピュータが何を考えてるのか?もしかしてもうコンピュータは勝負がわかってるのか?みたいな。
この熱さはもうスポーツだなと。
正直こんなに面白いとは思いませんでした。

どんどん強くなっていくと思われるコンピュータ将棋ソフト。もしかすると人間とコンピュータの白熱した将棋バトルが見れるのは今から数年間だけかもしれません。
羽生さんとの戦いもあと数年で見れるのでしょうか。

ちなみに第2回電王戦は毎週土曜に、あと3局くらいあります。(終)
[PR]
by kctiview | 2013-04-03 00:30 | 将棋

最新記事なう

検索

タグ

その他のジャンル

ブログジャンル

つぶやき
スポーツ