ずるコラはフェイダウェイ


by kctiview

プロフィールを見る

リンク

カテゴリ

全体
スポーツ系
本シリーズ
ずるこら的吹奏楽
音楽系
ずるコラ穴場の旅
安藤美姫と
ずるコラ祭り
将棋
料理
徒然
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
more...

カテゴリ:本シリーズ( 3 )

ずるこらむ59 本(3)~赤川次郎~

 安倍首相の突然の辞任、ラグビーワールドカップでフィジーに惜しくも負け、地味にかぐや(月探査機)が打ち上げられたりした最近。まだまだ夏らしい気温は続いておりますが、世間的に注目度の低いbjリーグを応援しつつ6ヶ月ぶりぐらいの本シリーズ第3弾。

 今まで読んできた小説の作者の中で一番多かったのは赤川次郎さんの本でしょう。小学校時代からずっと読んでる気がします。3姉妹探偵団シリーズと三毛猫ホームズシリーズは合わせて数十冊持ってました。読みやすさが小学校から読めていた理由だと思うのですが、成長していっても離れないその魅力というのは、読みやすさだけではなく「微妙」のエキスが入っているからだと思います。
 赤川次郎さんの小説を多く読んできて、それは推理小説なんですが、どんな小説が好き?となった時に、推理小説!とはならなかった。確かに推理小説というものも好きなジャンルですが、シリーズ一回目でもあったように、すごい推理小説だから読みたい!とはならないのです。
 入っているエキスとはなんなのかというものを考えてみます。赤川次郎さんはユーモア推理小説と言われたりしていますが、ではそのエキスというのはユーモアなのか?絶妙なユーモアは確かに親しみやすさとか読みやすさ(他にもいろいろあると思いますが)にはつながるとは思いますが、それが直接的に「微妙」に結びつくとは思えません。1つの要素ではあるとは思いますが。ではなんとも素敵なキャラクターのせいでしょうか?物語の面白さ?表現の仕方が胸に響いてくるとか。・・・・・そういうわけでわかりません。まとめて言えば総合的にしみだしてくるものという適当な結果。
 好きな人のどこが好き?という質問に対して、「なんとなく」って言うとき、それがちゃんと考えた答えのとき、その答えは適当な答えでもそんなに好きでもないっていう意味ではなくて。本当に「ちゃんとなんとなく」なんでしょう。つまりそんな感じです。ちょっと違うかもしれません。もう知りません。

 なんかもう無理なので、また次回。次回の本シリーズ予告タイトル→「パスカルの鼻は長かった」(終)
[PR]
by kctiview | 2007-09-15 16:28 | 本シリーズ

ずるこらむ50 本(2)~スラダン・ARMS・もうちょっと右ストライク~

 奇跡の中一日更新!今日は以前ポケットにいれて忘れていた飴を発見した瞬間に雨が降ってきたミラクルを体験しました。最近は南海電車によく乗るので、その1時間ちょい本を読んだり寝たり。北島対ハンセンを見つつ、自分は今後泳ぐことはあるのだろうかという疑問。

 さて、ずるこらむ47に続く本シリーズ第2弾。小説と言っておきながら、いきなりマンガの話。タイトルにある三つのマンガを中心に進めていきたいと思います。前回、「微妙なユーモアの中のなにか」のある小説がいいと言いましたが、マンガでも一緒です。
 まずはARMS。確かによく出来たマンガで読んでる人を引き込むし、面白いし、よく考えられているし。でも重いのだ!読むと面白いから読むのだけど、重いのだ。あまりそんな押し付けの重さはいらない。
 そういうわけでスラムダンク。このマンガは最高のマンガだ。重さではなくさっぱり感もあるし。バスケットマンガでこれを超えるものは今後1000年出てこないと思えるくらい。今まで読んだマンガベスト1である。無理矢理泣かそうとしてくるマンガよりも泣けるし。
 ベスト1はスラムダンクに譲るが、「微妙なユーモアの中にあるなにか」があるマンガ、それがもうちょっと右だったらストライクである。これはチクサクコールという短編集の中に入っているマンガです。作者はぴゅーと吹くジャガーとかすごいよマサルさんのうすた京介さんです。読んでみてください。それが答え(読んでもわからなくても)です。

 とりあえず「微妙なユーモアの中にあるなにか」は今後の説明を重ねてわかってもらうことにして。今回はっきりしているのは、重さの押し付けではなく、さっぱりしたものを自分なりに考えて重いことを考えることもできるし、その方が素敵ということですね。
 そういう感じで次回の本シリーズ予告タイトル→「赤川次郎」(終)
[PR]
by kctiview | 2007-03-27 18:31 | 本シリーズ

ずるこらむ47 本(1)~はじめに~

 みなさんご存知のとおり、あるある大辞典の捏造によって無事に納豆事変は解決しました。まさしくこれがずるコラパワーです!安藤美姫の復活に続き、このずるコラのパワーはにっくきあるある大辞典を打ち切りに追い込んだのです。まさにこのずるコラが世界に羽ばたく踏み台になったわけですよ。

 あるあるは置いといて本題に。なんとなく題名に(1)とか付けてシリーズ化を図っている企画。本についてです。基本的に小説は好きですけど、そんなにズバズバ読んでいるわけではないのですが。特に下宿してからは。自宅の頃はなんか自分の中で流行があって、小説の流行が来たら一気に何十冊も読みまくるという時期があったり、一切何も読まない時期があったりといろいろで。とりあえず自分がどんだけ本を読むかはここではどうでもいいので置いとくとして。
 どんな小説が好きなのかというと、無理矢理一言で言えば「微妙なユーモアの中のなにか」です。まぁわかりにくいでしょう。微妙というのは言ったことがあるかもしれませんが素晴らしい意味です。微妙:趣深く、何ともいえない美しさや味わいがあること。←は広辞苑の意味の説明の一部です。そんな素晴らしい微妙なユーモアがベースにある小説が好きなのです。問題は、その小説を本屋で探すのは難しいということで。例えば本格推理小説が好きだとか、純愛小説が好きだとか、歴史小説ににはまっているとかだったら探しやすいけれど、微妙なユーモアさというのはわかりにくいので本屋のぱっと見では見つけにくいのです。

 そんな不満を言いつつ字数的に満足してきたので続きは次回の本シリーズで。次回の本シリーズ予告タイトル→「スラムダンクとARMSともうちょっと右だったらストライク」(終)
[PR]
by kctiview | 2007-02-12 18:50 | 本シリーズ

最新記事なう

検索

タグ

その他のジャンル

ブログジャンル

つぶやき
スポーツ