ずるコラはフェイダウェイ


by kctiview

プロフィールを見る

リンク

カテゴリ

全体
スポーツ系
本シリーズ
ずるこら的吹奏楽
音楽系
ずるコラ穴場の旅
安藤美姫と
ずるコラ祭り
将棋
料理
徒然
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
more...

<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ずるこらむ19 平仮名パワー!

 途中まで書いたのに消えてしまってかなりやる気低下している現在。だいぶ空いてしまった。反省します。せめて週刊少年ジャンプくらいは書きます。合併号は極力なくします。

 授業中に思いついたネタでして。日本語は平仮名、カタカナ、漢字という文字の形が三種類あるということについてであります。これは他の言語にはあまりない特徴ではないかと思われます。英語ならアルファベット、中国語なら漢字、ブームの韓国語ならハングル文字というかんじでだいたいが一種類です。それと比べて日本語の文字が三種類あることで文が面白くなるのか!頭がこんがらがってきた。
 例えば「warewarehatikyuuzinnda」という文があります。平仮名では「われわれはちきゅうじんだ」という、どこか小学生的とかなにかまあるい感じになります。次にカタカナでは「ワレワレハチキュウジンダ」という風にOCNのCMみたいに宇宙人的になります。漢字だと「我々は地球人だ」という堅いというか素っ気無い文になります。このように一つの意味を表している文が文字の種類を変えるだけで読む人の受け取り方を変えることが出来るのであるわけで、これはかなりの可能性の幅が広がっていると言わざるを得ない。さらに「ワレワレはちきゅう人だ」という合わせ技も出来るんよ。
 自分がそんなことを密かに実感したのはなんだか結構昔に「アルジャーノンに花束を」っていう小説を読んだときのことで、それを読む前にページを最初からパラパラめくって、もちろんは内容はわからないのだけど文字の雰囲気を見てからその小説を読んだのですけど、そうして読むと日本語やべーと思った記憶があります。それがどんなのかは読んでみてください。ドラマもあったから知ってる気もする。じゃかじゃかじゃんけんぽん。(終)
[PR]
by kctiview | 2005-11-25 13:35

ずるこらむ18 困った困ったこまどり姉妹

 ずるコラムのネタ、普段は(あっ、これずるコラで書こう)とか思ったりするのですが、いざパソコンの前で書こうとするとなかなか思いつかないっていう言い訳で始めます。なんでなんか勢いのみのずるコラでGO!・・・。

 次の展開がわかってるのにおもしろい吉本新喜劇。その中から島木ジョージをなぜかピックアップします。熊相手に死んだ不利をするのは危険だということが認識されてきたこの時勢に、熊や!死んだフリせぇ!とかいいなぁ。スピードハットとかカンカンヘッドとか数あるネタの中で一番好きなのは途中まで言って他の出演者に先にギャグを言われる系です。とりあえず並べてみます。
しまったしまった(島倉千代子)、困った困った(こまどり姉妹)、ホップステップ(ボブサップ)、まいったまいった(マイケルジャクソン)、アイキャンノット(能登半島)、ひさしぶりぶり(ブロッコリー)、ワンダフルフル(フルーツポンチ)、なかなか言えない(中村みつ子)、ごめんラーメン(チャーシューメン)、愛知県名古屋(おわり)
並べてみたもののですけど。他にもいろいろあると思いますけど。ちなみにカッコ内は他の出演者に言われてしまう部分ね。なにがいいのかと言われてもそんな問いには答えられません。あと言われる系ギャグを何個かしたあとどうしようもなくなって猫っぽくなるやつが一番いい。今すぐ見たいなぁ。とりあえず、これは新喜劇の象徴的な面白さってことにしとこう。今回は勢いのみだからいいのだ!

 最後にアンパンマンネタでおなじみの中田はじめは空手をしていた。こんなんでいいのか!今日から思いついたネタはメモります。(終)
[PR]
by kctiview | 2005-11-07 13:36

最新記事なう

検索

タグ

その他のジャンル

ブログジャンル

つぶやき
スポーツ