ずるコラはフェイダウェイ


by kctiview

プロフィールを見る

リンク

カテゴリ

全体
スポーツ系
本シリーズ
ずるこら的吹奏楽
音楽系
ずるコラ穴場の旅
安藤美姫と
ずるコラ祭り
将棋
料理
徒然
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
more...

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ずるこらむ59 本(3)~赤川次郎~

 安倍首相の突然の辞任、ラグビーワールドカップでフィジーに惜しくも負け、地味にかぐや(月探査機)が打ち上げられたりした最近。まだまだ夏らしい気温は続いておりますが、世間的に注目度の低いbjリーグを応援しつつ6ヶ月ぶりぐらいの本シリーズ第3弾。

 今まで読んできた小説の作者の中で一番多かったのは赤川次郎さんの本でしょう。小学校時代からずっと読んでる気がします。3姉妹探偵団シリーズと三毛猫ホームズシリーズは合わせて数十冊持ってました。読みやすさが小学校から読めていた理由だと思うのですが、成長していっても離れないその魅力というのは、読みやすさだけではなく「微妙」のエキスが入っているからだと思います。
 赤川次郎さんの小説を多く読んできて、それは推理小説なんですが、どんな小説が好き?となった時に、推理小説!とはならなかった。確かに推理小説というものも好きなジャンルですが、シリーズ一回目でもあったように、すごい推理小説だから読みたい!とはならないのです。
 入っているエキスとはなんなのかというものを考えてみます。赤川次郎さんはユーモア推理小説と言われたりしていますが、ではそのエキスというのはユーモアなのか?絶妙なユーモアは確かに親しみやすさとか読みやすさ(他にもいろいろあると思いますが)にはつながるとは思いますが、それが直接的に「微妙」に結びつくとは思えません。1つの要素ではあるとは思いますが。ではなんとも素敵なキャラクターのせいでしょうか?物語の面白さ?表現の仕方が胸に響いてくるとか。・・・・・そういうわけでわかりません。まとめて言えば総合的にしみだしてくるものという適当な結果。
 好きな人のどこが好き?という質問に対して、「なんとなく」って言うとき、それがちゃんと考えた答えのとき、その答えは適当な答えでもそんなに好きでもないっていう意味ではなくて。本当に「ちゃんとなんとなく」なんでしょう。つまりそんな感じです。ちょっと違うかもしれません。もう知りません。

 なんかもう無理なので、また次回。次回の本シリーズ予告タイトル→「パスカルの鼻は長かった」(終)
[PR]
by kctiview | 2007-09-15 16:28 | 本シリーズ

ずるこらむ58 事実は小説より奇なり

 死ぬほど間のあいてしまったずるこらむ。たまに見てくださっている方々にはなにもかわらない日々ですいませんでした。学生最後?の夏休みも半分を過ぎて、特に何をしているわけでもない日々。もったいないような気もしますが、この長期間ぼーっと過ごす日々というものも学生っぽいのかなぁとか思います。滝に打たれたい気がします。
 世界陸上はけいれんが続きましたが、最後の土佐さんの怒涛の粘り。あれは日本人好みなメダルの取り方な気がします。納豆ネバネバ魂。いまの日本サッカー界に欲しい魂ですね。

 結構まともな話で始めた変わりに、ここからはわけのわからない話をはじめようかと思ったり。
 事実は小説より奇なり、現実に起こったことは小説より、複雑で不思議。要するに、不思議な出来事は小説のように解明出来ないという意味でしょうか。
 小説をリアリティを求めて書く時、それはどんだけガムシャラに頑張っても事実には99.9%しか追いつけないような気がします。小説はその追いつけなリアリティのなさの部分を隠そうとするのではなくて、どうプラスにしていくかが面白さにつながるような。
 そして事実の方の話です。小説を妄想とすると、事実は妄想とは奇なりとなるわけですが、妄想の通りにはならないパターンと妄想を超えていってしまうパターンがあってしまい。もう激しくわけがわかりません。

 人の心はまだ解明されていず、解明されて欲しくないような領域。わかってしまっては面白くないけれど、わかりたいジレンマ。事実は妄想より奇なり。事実は妄想より不思議。さてどうでしょう。
[PR]
by kctiview | 2007-09-07 22:52

最新記事なう

検索

タグ

その他のジャンル

ブログジャンル

つぶやき
スポーツ